性器ヘルペスの基礎知識!ヘルペスは一度感染すると再発を繰り返す性病

性器ヘルペスはヘルペスウイルスによって起こる性病です。ヘルペスは、完全に治すことができず一度感染すると再発を繰り返す病気で主な感染源は性交渉です。性器ヘルペスはどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

性器ヘルペスは早期の治療で費用を安くおさえる

   

性器ヘルペス治療の費用は?

性器ヘルペスを発症してしまったときは、できるだけ早く医師に診断を受け治療をしてもらうことが大切となっています。かかる病院としては、女性の場合は産婦人科で男性の場合は皮膚科か泌尿器科になります。

検査を受けたときの費用の相場としては3000円程度となっています。大きな病院の場合は紹介状が無いときには相場よりも高くなり、平均して5000円程度とされています。そのため検査だけであれば近場のクリニックなどでも可能なためできるだけ近場の診療所などで診てもらうと良いでしょう。

自宅で検査することも可能で、検査キットが衛生検査所などで販売されています。この検査キットにもいくつかの種類があり、9項目以上の症状を検査できるものから、特定の症状を検査するものまであらゆるカテゴリーに対応しているのが特徴です。

それぞれ価格が異なるため、性器ヘルペスだという自覚がある場合は、その検査に特化したキットを選ぶことで費用を抑えられます。

性器ヘルペスの治療に保険は適用されるの?

性器ヘルペスは一度感染して発症してしまうと、できるだけ早く病院で診断してもらった場合でも完治が非常に難しい厄介な病気として知られています。そのため腫れや入浴時における痛みなどがあった場合は検査キットに頼らずに医師の診断を直接受けてより詳細な診断結果を出してもらいましょう。

多くの病院で一般的とされている検査方法の補体結合反応検査は、健康保険が適用されるため、比較的安く検査を受けることができます。一方で大きなところに通院した場合は紹介状がないときには選定療養費というのが上乗せされることになります。

健康保険が適用される治療法としては一般的な薬によるものがありますが、この方法は国が定めた法に従う必要があり、効果をより発揮させるための付け薬と飲み薬を同時に服用することはできません。

近年になって、性器ヘルペスの認知度の向上によって飲み薬を通常の5日分からさらに5日追加しても保険がきくようになりました。