性器ヘルペスの基礎知識!ヘルペスは一度感染すると再発を繰り返す性病

性器ヘルペスはヘルペスウイルスによって起こる性病です。ヘルペスは、完全に治すことができず一度感染すると再発を繰り返す病気で主な感染源は性交渉です。性器ヘルペスはどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

性器ヘルペスはコンドームだけで完全に予防する事は難しい

   

性器ヘルペスの予防

性器ヘルペスの予防は、この感染症の原因になっている単純ヘルペスを体から排出している相手との性行為を避ける事です。性器にできた水ぶくれや潰瘍には、単純ヘルペスウイルスがたくさん含まれているため、セックスをすると高確率で感染する事になります。

明らかに性器に症状がみられる場合はコンドームだけで完全に予防する事は難しいので、性行為自体を行わないようにします。また厄介なのは、目で見える症状が出ている時だけではなく、無症状期でもウイルスを排出しているという事です。

無症候期でも感染する可能性はあり、感染の有無がはっきりわからない相手とセックスをする際は最初から最後までコンドームを着用するようにします。その他、単純ヘルペスウイルスは感染力がとても強いので日常生活の中でも感染する可能性があります。

感染者とタオルを共有するのは避け、洋式トイレの便座は消毒用エタノールで清掃するようにします。そして規則正しい生活をして、簡単に病気を貰わないように免疫力を高めておく事も大切です。

パートナーと一緒に性器ヘルペスの治療をする

性器ヘルペスは自覚症状がなく、またオーラルセックスやキスで感染するケースが多いので、コンドームだけでは予防し切れないと考えられています。そのため不特定多数の相手との性行為を避ける事が最も大切なのですが、自分のパートナーも絶対に感染していないとは言い切れません。

恋人同士でうつし合うピンポン感染の可能性があるため、パートナーと一緒に定期的に検査を受け、もし相手の感染が認められた場合はパートナーの治療が必要になります。

性器ヘルペスは免疫力が低下すると再発を繰り返す厄介な病気で、再発に気付かずにパートナーを感染させてしまう事が多いです。これを予防する治療法が抗ヘルペスウイルス薬を毎日服用する再発抑制療法で、再発前にウイルスの活動を抑える事が出来ます。

2ヶ月から最大1年の再発抑制療法で体内のウイルスを3分の1まで死滅させ、それによってパートナーへの感染率も低下するとされているので根気良く治療を受ける事が大切です。